留学生Kenkenのモンゴル通信

モンゴル困窮児童の生活・進学を支援するバイラルラ会現地派遣員で留学生のkenkenがモンゴルの今を熱くリポートします!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

感謝とご報告〜モンゴル ストリートチルドレン・困窮児童の生活進学支援 バイラルラ会の活動実績〜

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ◆感謝とご報告


      バイラルラ会は2016年秋をもって学生支援金の組織的募金活動を終了しました。この間、多くの方がこのホームページにアクセスして、私たちバイラルラ会の働きに関心を持ち、私たちを力づけてくださいました。心から感謝申し上げます。皆さまの愛とお祈りにより、貴重な支援金の額は14,760千円を超え、私たちはバービスト・ケアセンターが養育したモンゴルのストリートチルドレン及び困窮家庭の児童65名を職業学校、大学・専門学校に送ることができました。在学年数を加味した在学生数は総計155名に達します。義務教育を終わり大人への第1歩を自分の力に応じた学びの場に踏み出しえた学生たちの喜びには私たちの想像を超えるものがあり、単なる記事では伝えきれない程のものでした。今後は、人生の初期に苦難と将来への希望の二つを体験した学生たちが、より成熟した人間として社会や政治に対して発言できる立場に立ち至り、次代の子供たちのためにより広範囲に優れた育成・教育環境を作る努力をしてくれることを期待したいと思います。
      ここに、バイラルラ会は心からの感謝とともに、下記のとおり「学生支援金送金実績」の詳細と「VCC学生進学先・性別及び支援在学生数」並びに「ご献金者数」の内訳をご報告申し上げます。
    また、無償で長期にわたり重要な会計監査の労をとってくださった樋口和良先生、専門家として魅力的な会報「バイラルラ通信」を作成し、同時にホームページの作成と管理に当たってくださったイラストレーターの清水愛さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。

     

    世話人会一同

    「世話人会メンバー」
    前列左から石川、杉山(多)、杉山、庄司(昌)、後列 清水(イラストレーター)、矢吹、庄司、
    左上 吉池、坂田。

     

     

     

     

     

    「卒園生集合写真」

     


    ◆バイラルラ会へのマシュー園長お礼状


      2015年の夏、卒園生の中から自分たちを育て教育の機会を与えてくれた園に対して感謝の気持ちを表し、また次代の園児たちにもこの気持ちを引き継いでもらいたいとの気持ちから記念の植樹を行う気運が盛り上がり、我々のキャンプ地ガシュルトに家族連れも含んだ多くの卒園生が集まり植樹会を行いました。 私は彼らの提案をとても嬉しく思い、また彼らがこの植樹にモンゴルが必要としている草原の緑化への思いを託していることも知って深く感動しました。 
    バービスト・ケアセンターは1995年設立され、過去20年を超える期間ストリートチルドレン、困窮家庭の児童1613名(短期在籍児を含む)を受け入れ、養育し、必要な教育や上級学校への進学の機会を作ってきました。しかしこれらのことは皆様方の揺るぎない確かなご援助がなければ到底実現しえないことでした。特にバイラルラ会の皆様が示して下った学生たちに対する愛の献金が、どんなにか彼らを困難な環境から立ち上がらせ、将来への希望と自信を持たせてくださったことか、言葉に言い尽くすことが出来ません。バイラルラ会の皆様にVCCファミリーと進学支援を受けた学生を代表して心から「有難うございます」とのお礼を申し上げさせていただきます。どうか神様が皆様を豊かに祝福してくださいますように!
                                                                                                     園長 Father Matthieu Ndjeok, cicm.

     

    「マシュー園長」

     

     

    「植樹会」

     

     

     

    前園長Sr.ルシルの感謝

     

     事務局からの連絡で、私たち皆がどんなにVCCの子供たちの人生を変える役割を果たして来たかを知りとても嬉しく思います。今私たちの卒業生が結婚して子供を持ち幸せな生活を送っているのを見ると、とても誇りに思います。このような変化はバイラルラ会がなければ到底実現できなかったことです。バイラルラ会に本当に感謝します。私たちの愛に満ちた神様が、その愛と希望と平安と健康で皆様を満たしてくださいますように。   Sr.Lucille

     

    「シスタールシル」

     

     

     

     

    ◆卒業生アズジャルガルのサンキューレター


     Every human being needs education in life. Thanks to your work and good heart.
     We have access to education. I believe and hope that your effort to help us in
     education will bear fruit in our life. 
     Thank you again for giving us the possibility to study. I wish you all a good
     health, happiness and God’s blessings.    Sincerely        Azjargal 

     

     

    「アズジャルガル」

     

    ◆参考までに例年報告される進学生の現況レポートの最新版(原文)を添付します。
    内容的には、各学生が園外の未知の世界、すなわち学校、寮で自分の生活を自ら管理しなければならなくなった環境に身を置いた時、どう考え、行動しているか、そうして後に続く子どもたちにその経験をどう伝えようとしているかをレポートしたもので大変に興味深いものです。児童福祉の世界では施設保育に対して、児童が成人し退園した後に多くの場合、社会的不適合に陥る故に児童施設は無駄だ、家庭に戻すべきだ(to reunite with biological family)との主張があります。しかし子どもたちは破壊・消滅した家庭が生み出すのであり、反対に、施設で愛育され、進学する機会が備えられて将来に希望の光が見えるなら、彼らは大人の一方的な推論を超えて頑張ります。無論失敗するものもいますが、彼らには一緒に育った多くの兄弟姉妹がおり、また相談できる大人が常に横についています。孤立していないのです。そんな彼らの奮闘ぶりが伝わってくるレポートです。
    名前の略語(性、生年、入園)

     

    「2016秋進学生の状況」(ソシアルワーカーの報告)

     T (F,1998,2006)graduated from high school in June 2016. She was touched by the care givers who took care of her in the VCC. She was impressed in a special way by a lady who was in charge of the kindergarten so she choosed to become a kindergarten teacher. That is why she enrolled in Mongolian University of Education. So she is making her first step toward becoming kindergarten teacher in “bashing Deed Surguil”
    When asked about her feelings as a newly enrolled to the higher education she happily said that it is nice to be a student. She expressed that it is interesting to be together and interact with many students from different backgrounds.
    As she deals with new lessons and new way of teaching, lectures and researches, she acknowledged that, having basic knowledge in high school is very important. It was difficult in the beginning but now things are getting better. She thinks about her future and the most important goal she has set for herself at this moment is to graduate with “red diploma”, high distinction.
    She lives in dormitory in Bayangol district. She rides bus every day to go to school. The Mongolian government use to issue free bus cards to students. However, this year because of the economic crisis, the city has restricted the issuance of those cards. So as many other students, she was not able to get a bus card. This is something that disappoints her.
    As advice to her younger brothers and sisters who are still in the Center, she said: Find out what you like and try to learn and understand as much as possible about what you like.

     

     S (F, 1997, 2006) did all her elementary and high school studies in Oyuni Nahia, a private school that accepted to admit some of our children for free. She was well appreciated in her school and graduated in June. She is now in her first year in Mongolian National University, faculty of Human sciences.
    To be a student appears to her very different from what she imagined. “Everything was easy when I was a high school student” she said. “Now as a University student I have learnt that being student is different. Lessons are sometimes difficult to understand. I understood that I have to manage my time carefully. I have to be responsible. Being late or missing class makes it difficult to understand the lesson. That is why I do all my best not to miss any lesson. As far as my integration to my new environment is concerned, I have been involved in some activities organized by students from the beginning. I am member of the committee that follow up the matter of transportation cards. I am learning many things from this experience of leadership in my group”.
    “The behavior that you have when you are in high school, that is the behavior that you will have even when you are in University. That is why you need to pay attention to your behavior and to be faithful to your studies” she said.

     

     N (M, 2001, 2006) graduated from middle school and enrolled in a training school. He is in first year in Carpentry. The staffs of VCC had some doubt about whether he would make it or not. Fortunately, he seems to be dedicated. When asked about his feeling he said enthusiastically that it is interesting to be a student. He said that whenever he goes for practice in the workshop, the smell of the wood makes him already happy and motivates him to do well. He set to himself the goal to study well and graduate after 2.5 years and continue in University to become engineer in construction. He is confident that after graduation, he will be employed by one of the many construction companies operating here in Mongolia.
    When he moved from VCC to the Dormitory in September, things have been difficult in the beginning. He was put to the same dormitory together with three other students from the countryside. His three roommates were smoking and they were not clean. He had to do the cleaning alone because he didn’t want to live in dirty place. He felt sometimes lonely. He had to manage with his monthly allowance for food and other needs. He could not meet both ends because things are very expensive. He also noticed cash money can be easily spent. Reason why he wants to get a debit card from the bank is in order to manage better his allowance.
    His advice to younger children: whatever you do, do it by setting your sight on the goal and do your best to reach it. If you study well, the final result will bring you joy and happiness.

     

     O (F, 2000, 2003) graduated from middle school last June. She started studying in Training school last September. She studies Beauty and hairdressing at Rajiw Gandin Polytechnic Vocational School.
    The beginning was quite difficult because she was missing the children and staffs of the Center. It was her first time to be out of the Center setup. “I was able to overcome that difficulty thanks to the support and advice I got from the Center. Now I like my profession and I am studying well” she said. She confessed that time management, interaction with people and money handling are three important things that she is learning since she became student. She also finds joy and fulfillment in participating to school activities and sport competitions in her school.
    Advice: becoming good and useful person for the society not only makes a person proud but most importantly makes your parents feel happy.

     

     S (F, 1997, 2009) is a lovely hardworking girl. She was delayed in her school curriculum because of the conditions in which she lived before being admitted to the center. So she graduated from middle school this year. She studies Beauty and hairdressing at Rajiw Gandin Polytechnic Vocational School since September.
    Unlike other children who go through a rather difficult transition period,She did not have much problem adapting to its new student environment. She rejoices on the contrary because she has many new friends. She shares the same dormitory with four other girls from the countryside. They help one another. When difficulties arise, they come together to find a solution.
    She understood that life is expensive in Mongolia and she had to make arrangement, in dialogue with her roommates, to better manage the money they receive for their sustenance. She complains that things cost a lot. School supplies and other materials related to hairdressing training are very expensive and she says she feels that the center is spending a lot of money for her.
    To her young brothers and sisters who continue their journey in the center she points out that when you do something you love, it's never difficult.


    バイラルラ会事務局

     

    ※モンゴル ストリートチルドレン・困窮児童の生活進学支援

    「バイラルラ会」のホームページはこちらクリック→バイラルラ会

     

     

    ブログランキングに参加しています!よろしかったら下のボタンをポチっと押して投票お願いします!
    にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

    にほんブログ村 教育ブログへ


    にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへにほんブログ村

    人気ブログランキングへ
     
     

    モンゴル通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

    モンゴル通信 第88信 (最終総括号)

    0
      にじモンゴル通信 第88信 (最終総括号)


      例年9月と言えば、上旬にみぞれがあり、それから気温ゆっくりと下降を続けて日中には10−15度に下がるはずです。しかしこのところ日中は20度、場合によっては25度にも達します。それでも朝晩は5度前後とまともになる感じです。

      1.いつも利用している小さなホテルの手違いで、国内のホテル・チェーンが市内に新設したホテルに泊まりました。場所は科学技術大学の近く、買い物のために学生街を若者に交じって歩いていると、5年前の院生時代を思い出し、ちょっとした感傷旅行の気分です。このホテルはいかにも現代的でクリーン・アンド・スマートを絵にかいたような雰囲気を持ち、ツインベッドの寝室の隣には大きな浴槽があって立派なシャワーが備わっています。しかしこの設備、お湯を浴槽の蛇口からシャワーへと切り替えるコック(栓)が見当たらないため、使用者は石鹸を洗い流すために体の前後を交互に蛇口にへばり付ける必要があります。モンゴルでは高層建築の多くを中国人デベロッパーが手掛けている現状があり、どうしてもこのような手落ち(手抜き?)が発生してしまいます。また発注する側もそんなことは気にしないのかチェックしないのか、要は無関心です。軍曹、数年前にも他のアパートで同様な経験をしました。そう言えばお湯は赤マーク、水は青マークの方向に蛇口をひねるのが世界の常識ですが、中国式では往々にして逆付きとなることがあるため、熱湯にご注意。トイレには中国人旅行者の爆買いで有名なトートー・ウオッシュレットがあります。しかし、TOTOのロゴが何となく小さく、<washlet> の上に点が打ってあるところがキナ臭い。食堂で妻が手にとったカップにコーヒーを入れたところなぜか手許で割れ、そばに居た可愛いメイドさんが「これは貴女のせいです」、やってきたマネジャーは「賠償は請求しませんから」とのたまいました。外見は近代化が進むウランバートルもその内側は未だ未完成な点が多いようです。


      2、今回のモンゴル行の目的は二つあり、その一つが我バービスト・ケアセンター(VCC)の創立20周年記念式典参加と、もう一つは 拙著「モンゴル児童福祉論」の印刷の件です。

      VCCの記念式典は9月17日の11時から園の敷地内広場で、例外的な暑さの中、内外約200名の人々の参加を得て開催されました。参加者は日本から我々夫婦とピースウインズ・ジャパンの理夏さん、外国からは香港、台湾、フランス、オーストラリアの支援者など多彩な人々の集まりで、それに何故か国軍軍楽隊も加わりました。

      会はまず、マシュー園長の英語・モンゴル語による演説で始まり、ウランバートル・バイヤンゴル区知事、市警察幹部の挨拶、園の設立母体であるカトリックCICM(日本で言う淳心会)アジア地区管区長、モンゴル教区司教の挨拶と長い演説が続き、それぞれに通訳と贈り物、メダルの授与が付随するのでかなりの長時間となりました。皆さんとても熱心に聞いていました。それにしてもモンゴル人のメダル好きは日本人の思考力を超えており、多分この儀式的な行為が感謝や名誉を小さな金属片で象徴する以上のあるものをモンゴル人の心に中に浸み込ませていくのだと思います。しかし演説の合い間合い間には園児たちの歌やダンス(とても上手で大拍手)、ボランティアで賛助出演したプロの歌手の歌、軍楽隊の演奏、卒業生男女4組による情熱的なタンゴのダンス(さすが大人!) が入るのでそれはそれで楽しい3時間でした。

      軍楽隊にはちょっと違和感がありましたが、この国ではリクルートと多少の収入増のために軍楽隊が出張演奏することがよくあるそうで、その意味で適齢期の男子が必ず入隊するVCCへの期待が高いのかもしれません。最近ホーミ―(二重歌唱)自慢の少年も入隊し、当然軍楽隊に入りました((蛇足ですが、徴兵制と言っても市民はそれを逃れる方法をよく知っています)。

      会も終わりに近づいた頃、突然軍曹に演説の御指名があってびっくり。何を話そうかと考えながら舞台の階段を昇りかけたら途端に足を踏み外して危うくひっくり返りそう(このところドウシテ何度も転ぶんだろう?) 、しかし舞台の袖にいた若者に支えられて助かりました。会場に悲鳴あり。当方、何食わぬ顔でバイラルラ会を代表してお祝いを述べるとともに、バイラルラ会設立の由来、成果としての60名を超える学生送り出し、その彼らが既に自分たちの子供を持ち始めていること等を話しました。最後に「バイラルラ会は、皆様方から国籍を超え、東シナ海の大海を超えて、この国の若者の人生のある時期を共に歩むという素晴らしい経験の機会を与えられました。心から感謝します。有難うございました(世界中が知っている日本語)」と述べスピーチ(デス!) を締めくくらせていただきましたが、これって、支援者の皆様をはじめ世話人会一同が一様に持っている実感だと自信をもっていうことができると思います。
       

      3、ところで、支援活動を開始してから既に10年以上。当日出会った卒業生の状況について報告しますと、なにしろ当方の頭の中には未だ彼らの少年少女時代のイメージが生き続けているので、成人した彼ら(特に女性)の変化について行くのが大変でした。そうして驚いたことに全演説を通して英・モ両語を交互にてきぱきと通訳し続けていた女性が何と我々の第1回支援学生のボロルツヤと判明。少女時代からは想像もつかない成人振りと職業能力の高さに唖然とします。彼女は既に立派な通訳の専門家として子供を育てながら活躍していました。他の卒園生たちも2,3の例外と最近の卒業生を除いて皆が力強く自立の道を歩んでいる様子で、国立病院の看護師、美容院の雇われ店主も出てきていました。園児同士の結婚は3組、皆を合わせると20人近くの二世が誕生しているそうです。中でも女性陣の結束は固く、フェースブックを用いて緊密なコンタクトを保ち、お互いに助けあっているとのこと。家族的なつながりが持たれている限り、彼らが社会で孤立することはない筈ですからこれは心強い限りです。VCCの養育の成果だと思います。

      なお、これはバイラルラ通信18号でお知らせしたことですが、昨年12月に現役男子学生のミャグムスレンが全国最優秀学生9人の1人に選ばれて総理大臣表彰を受け、また同じ月に女子学生のアズジャルガルがエルデネ大学全校生中の最優秀学生として表彰されました。無論、私たちにとって優秀な学生が出てくることは喜ばしいことですが、上記のように卒業生が社会人として自活の道をしっかりと歩んでいることがもっと大切です。そしてこれこそが私たちの活動の目的でありました。困難な幼少期を経験したにもかかわらず、大人の側の愛情とサポートがあれば、子供たちの中にはそれを乗り越えて歩む力が生まれるのです。20周年はそのような事実を確認する機会となりました。
       

      4、ついで、博士論文「The Child Welfare in Mongolia」(モンゴル児童福祉論)の印刷について説明しますと、この論文は1990年の民主化革命を期に発生したストリート・チルドレンについて、その発生のメカニズムと実態分析から出発し、日米など先進国の児童政策の成果を取り入れつつ、結論的にモンゴル文化に根差した『児童福祉法』の導入を提案したものです。この論文は何と2010年4月にわが母校モンゴル科学技術大学社会学部の審査会を通り、モンゴル政府に回付されました。この国では博士号の授与権は政府にあり(社会主義の名残)、政府は論文を審査委員会(モンゴル大学=現地の東大の教授を中心に構成)に回しました。その後、指導教授のガリマー先生はやいのやいのとモンゴル大学に通うのですが、委員会は「審査はやっている」、「よくできている」の一点張りで、その先はどうなるのかが皆目見当がつかない状況です(遅延の理由は英文で100頁を理解するのはつらい?モンゴルの社会・人文関係の先生方は表や数字の出現に抵抗感がある?外人にとやかく言われるのは嫌だ?などなどの諸説があるかも)。業を煮やした先生がごく最近出だした結論は、「そちらがそうなら、こちらは論文を印刷して、福祉に関心を持つ研究者や学生に配布してしまえ」です。軍曹も施設の児童だけが良い将来を保障されているのは不思議な現象であり、すべての困難児童のためには広く論文の内容を知ってもらいたいとの考えからこの案に大賛成しました。そこで20周年のモンゴル訪問に合わせて少部数ながら超スピードの発行となり、先生とともに出版社でドラフトの超スピード校正に取り組みました。内容には幾つかの瑕疵があるかもしれませんが、軍曹としては多くのモンゴル人学生が本書に接してくれればと願っています。

       
      最後に、2004年に発信を開始して以来モンゴル通信は88号を数え、バイラルラ会も設立以来11年を経過して前述の実りを与えられました。論文もようやく前進の発端をつかんだようです。一方、バイラルラ会の世話人会や支援者の高齢化は明白な事実であり、これに末永く学生支援を頼ることには限界があります。よってVCCの20周年を区切りとして本通信の発信を終了することと致しました(会の活動終了は来年3月)。モンゴル通信の読者の皆様、長い間のお付き合いを有難うございました。本当に感謝いたします。

      今後とも現地の支援要請は強く、数を減じながらも児童は学生へと成長していくので、何か負担の少ない支援法を考えて行きたいと思っています。

      軍曹

       

      2015.09.21

                 
      さくらんぼ Kenkenの携わっている「バイラルラ会」(バイラルラとはモンゴル語で『ありがとう』の意味)ってなに?と思われる方は、バイラルラ会HPをのぞいてみてね!→バイラルラ会HP http://bayarlalaa.comこちらをポチっと<(_ _)>
      「バイラルラ会」は、モンゴルの困窮児童の進学を支援し、将来の自立を促す活動をしています。支援の方法や活動内容などの詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください!


      あと『軍曹』とは猪突猛進型の性格のためいつからか呼ばれるようになったKenkenのあだ名ですのでびっくりしないでね!実際は知的好奇心旺盛なジェントルマン(紳士)ですから(笑〜)


      ブログランキングに参加しています!よろしかったら下のボタンをポチっと押して投票お願いします!

      にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

      にほんブログ村 教育ブログへ


      にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへにほんブログ村

      人気ブログランキングへ
       
       
      モンゴル通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      モンゴル通信第87信

      0
        2015年 モンゴル通信第87信
        SMILY例年のとおり本年度進学学生支援の打ち合わせのためにウランバートルに舞い戻りました。日中の気温は日によって24、5度だったり、12度だったりと激しく変化していますが、朝の気温は5度前後と日々安定。いつもながらですが、市民が気温の変化に対応して衣服を変えていく様は神技に近いと感心します。街の中では近頃植樹が順調に行われて整備が進み、今は木々の若芽が青葉に変わろうとする季節。気の早い灌木グループは先を競って白や黄色の愛らしい花の開花を始めています。

         気が付いたのですが、街の中に溢れる車はほとんどがトヨタかと見まがうばかりで、かって多かった韓国車や結構健闘していたホンダは今や超弱小勢力。その間にベンツが割り込みつつあるというのが現状です。トヨタの中ではプリウスとランクルが圧倒的人気で、前者は燃費が良いのと、極寒の中でもエンジンが一発でかかること(寒いモンゴルではとても大切)、後者は堅牢で草原の走行に絶対的な信頼感があることが理由だそうです。特にプリウスの人気は凄まじく、ある人はトヨタの30%はこれではないかと言っていました。大部分が7、8年前程の中古ですが、年代によって性能に違いがあるらしく、細かく説明してくれるのは良いけれど当方はチンプンカンプン。いずれにしろ性能こそが車の生命だということが分かりました。

         もう一つ驚いたのは朝青龍事件以来モンゴル人の相撲熱が完全に吹き飛んで、だれも照の富士や逸ノ城の活躍を知りません。勢い込んで彼らに関する情報を仕込んでいったわが身は全くの空振り状態。結局騒いでいるのは日本人だけだということを知りました。そんな中で、コツコツと将来の関取を発掘し続ける白鵬のお父さんに日本人はもっと感謝すべきかもしれません。もし軟弱な日本の若者に活を入れることができないならば。

         バイラルラ通信No.16(14年6月)で数字を以てお伝えしたモンゴル経済のダウン傾向は15年に入ってその度合いをますます深めています。モンゴルが唯一頼る鉱物資源の世界的需要の減退と、政府が2013年に導入した鉱物資源開発に関する外資規制が外国資本の国外退避をもたらしたこと等が理由ですが、その影響は大きく、開発企業に付随する地場や外国系の小規模企業は軒並み倒産の危機に追い込まれています。人員カットは激しさを増しこの1月以来若者を中心に多くの人が職探しに必死です。しかし職はありません。そこで皆かってのように外国に職を求めています。日本に在住するモンゴル人の友人のところに親類が押し掛けてくる理由が、こちらに来て切実にわかりました。新聞が言う照の富士が必死に努力する理由の一つが、鉱業関係で倒産した父親を助けるためだとあるのも、納得できます。悪いことに国際収支の悪化は通貨トウグルクの下落を招き(13年の1ドル1500TG台が今や2000TGに迫る)、物価の高騰を加速させています。これは極端な例ですが、軍曹がいつも買う英字新聞「UBポスト」の値段が去年の750TGから今年の2000TGに跳ね上がっていました。誰が買うのか!売り子のおばちゃんも毎回数部しか仕入れていないようです。

         街でも外国人の姿がめっきり少なくなりました。軍曹が泊まっている地場の小規模ホテルは大型ホテルに比べて料金が安く欧米系のビジネスマンに人気があり毎年今の時期は混んでいるのですが、今年は全然。アムステルダムと言うこれまた欧米人に人気のあるコーヒーショップもがらがらでした。かってブームだった高層ビルの建築も途中で止まるケースが増えています。
        問題なのは当方の卒業生の就職への影響です。今年は4人の卒業生が出ますが、目下全員求職中、これはかって無かったことです。この状況は国立大学のような有名校の卒業生の一部にも当てはまることでしょう。我々にとっては、幼児のころから育てて、皆様のお力で学校に送り出した結果が、またストリートピープルを作り出すのでは全くやり切れません。

         しかし軍曹はモンゴルの将来に大いに希望を持っています。途上国は経済的発展を開始した初期の3、40年間にいくつかの景気の山谷を経験します。日本も4つか5つの景気循環を経て1975年以来先進国へと脱皮して行きました。その意味でモンゴルは2010−11年の山と14−15年の谷の最初の山谷を経験したに過ぎません。中止していたオユ・トルゴイ銅鉱山の開発もこの5月にようやく政府と外国企業との合意が成立し再開されることになりました。それに2017年には日本の資金・技術を用いて新しい国際空港が出来上がります。ユーラシアの中心に位置する新空港は極東、南アジア、中東、欧州を結ぶハブ空港、長距離路線の給油空港として機能し、雇用を創出し、観光を盛んにしてモンゴルの発展に寄与することは間違いありません。その過程で今は未熟ですが、国家経済の経営に関するスキルをモンゴル政府は身に着けていくことでしょう。モンゴルで暮らしてみて、遊牧民族が農耕民族と等しい能力を持ち、語学力、数学、科学技術への関心においてそれ以上の資質を持っていることは間違いないと確信しているからです。以上




        さくらんぼ Kenkenの携わっている「バイラルラ会」(バイラルラとはモンゴル語で『ありがとう』の意味)ってなに?と思われる方は、バイラルラ会HPをのぞいてみてね!→バイラルラ会HP http://bayarlalaa.comこちらをポチっと<(_ _)>
        「バイラルラ会」は、モンゴルの困窮児童の進学を支援し、将来の自立を促す活動をしています。支援の方法や活動内容などの詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください!


        あと『軍曹』とは猪突猛進型の性格のためいつからか呼ばれるようになったKenkenのあだ名ですのでびっくりしないでね!実際は知的好奇心旺盛なジェントルマン(紳士)ですから(笑〜)


        ブログランキングに参加しています!よろしかったら下のボタンをポチっと押して投票お願いします!

        にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

        にほんブログ村 教育ブログへ


        にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへにほんブログ村

        人気ブログランキングへ
         
         
        モンゴル通信 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

        モンゴル通信第86信

        0
          富士山この通信は日本で書いています。超乾燥の国から湿度65%、梅雨真っ盛りの国へ、高度1000メートルの街から11メートルの自宅へ。ほんの5年前なら何ともなかったのに、今回は順応に苦労しています。歳か! 
           物事には裏と表があるように、実はウランバートルの発展にも影の部分があります。先回それも書こうと思ったのですが、陰陽を同時に書くと小生も皆さまも混乱すると思いましたので、分けてここに書く次第です。
           
          1、6月の上旬にドッグショウ(含むドッグ用品)が市の南西の展示場で開かれました。こんな高級なことってモンゴル開闢以來の出来事です。軍曹がはじめて来た2000年代の初めの頃には町に野良犬が結構いてそれも高級犬の系統。ロシア人が民主革命後に退去した際に置いて行ったのではないかと聞きました。暫くして市政府が駆除に乗り出し(チクショウ!)、一部は食糧難から食べられてしまったとの噂が飛び交いました。その後街に犬は見かけなり、次いで現れたのがこのドッグショウです。ついにここまで来たか!建設ブームも高級マンションもこれと同列です。帰国して日本の中古車をモンゴルに輸出している友人に聞くとこの夏はブームで超忙しいとのことでした。ズバリ、バブルです!
           
          2、しかし、全ては20087月の民衆による人民革命党本部焼打ち事件から始まりました。国会議員選挙の不当集計に怒った市民約1万人が党本部ビルを襲い、警官隊により数名の市民が殺されました。その翌日から首都に戒厳令です(HP「号外」参照)。それ以降の選挙で各政党は国民の人気を得るために、鉱産物輸出の成果を市民に現金で還元する政策を掲げ、選挙後にこれを実行しました。元社会主義国のモンゴルでは利益を市民に配布することに政府も市民も疑問を持ちませんでした。
           
          3、2010年以降鉱産物の世界的な価格高騰のおかげで、モンゴル経済は急成長します(実質平均成長率12%)。政府はお金の配布にあたり、これを国の財政収支に組み込むことなく、別に作った特別枠(人間基金)に入れてそこからの配布としました。これでは国家予算の枠外となるため財務統制が効かないばかりか、国が将来を見つめて産業政策を創出するべき時の余裕資金は残りません。この枠内原資が枯渇すると政府は国営企業からのローン等で補充しました。
           
          4、一方、国際収支を見ると、この国は電力・ガソリン等のエネルギー、機械類、それに生活必需品の大部分を中国とロシアからの輸入に頼っているので、いくら資源輸出が躍進しても貿易収支は常に赤字です。そこで外国からの投資や援助金などの資本収入を取り入れて、合計としての国際収支をトントンにするというこの国のパターンでした。しかし外資の力を借りた資源開発とその輸出が活発になればなるほど、国内では「わが資源の利益はわれわれに」との国民感情が強くなるのが当然です。2012年に政府は鉱業を中心として国が重要と認める産業領域にたいする政府の関与を強める政策を打ち出しました(外資の出資比率を抑える)。このことと安定を欠く政府の外資政策を見て、翌年から外資の流出が始まります。結果、2013年の国際収支は大幅な赤字となり、当然、鉱業所の閉鎖や人員解雇が始まりました。モンゴル政府は国立開発銀行を設立して政府債を発行し外国から(日本では「侍ボンド)18億ドルもの外資を集めました。つまるところモンゴルは膨大な対外債務を抱えたことになります。
           
          5、大量の外資が国内に入りこむと(出稼人の送金を含む)お金がだぶつき銀行は建設業を中心として、かっての日本と同じように貸し出しに走ります(013年末の銀行の貸付残高は2010年のなんと3倍!)。バブルの発生です。これに前述の資本逃避の動きから通貨トウグルクの下落が始まり、輸入物価の高騰が加わったため2014年即ち今年に入って超インフレが発生中です。現在トウグルクの対ドルレートは2010より25%減(1
          1,356TGから1,830TG)、同じく2010年以來10%台で上昇していた物価も多分今年は20%台に上昇するでしょう。
           
          6、高層マンションやビルが建ち並ぶ街なみ、高級レストランやホテル、ITの普及による生活の円滑化を楽しむ人々、この近代都市の裏側をちょっと覗いて見ると、一部の人が豊かになる中で、底辺の人はとてつもない物価の上昇に戸惑い、一般の人も今後の生活におびえる、そんな姿が見えてきます。小麦粉の値段が上がってパンも高い、牛肉を買うのを週1回に減らした等の声は2005、6年ごろ軍曹が聞いた声と同じです。ある友人はゲル地区でせっかく良くなった治安がまた悪化していると言います。教育費の値上がりはわがVCCでも深刻です。光の裏にある影。
           
          7.日本人がモンゴルで暮らして感じるのは、この国の人の貯蓄意識の低さ(昔は余裕が出来ると馬を買った、だから資産が増える。今は車を買う、だから借金が増える)、また生活における計画性の欠如です。良い意味で突き詰めるなら、国民性として将来に対する不安を持っていないと言うことでしょう。何歳で結婚して、何歳で親になり、何歳で子どもが就職して、何歳で年金生活、そのためにはまず貯金だ!!広大で豊かな自然に囲まれていると、こんな矮小な考えに行きつくことはないのでしょう。政府は経済再建100日委員会を作って打開策を検討していますが、出てくる内容はかって計画したが実行しなかった計画や、短期的なものばかり(との報道あり)100日で問題の解決案をひねり出すと言う発想こそが問題でしょう。ムーディーズもこの5月にせっかくの政府債の評価をネガティブに格下げしました。
           
          8、軍曹としては困難な環境の中で生きる児童をより苦しい状況に引き込みかねない事態の推移に関心を持たざるを得ません。そこで、今この国に必要なことは長期短期に政策を分けてそれぞれを実行することだと思います。短期のターゲットは明らかにインフレの収束と通貨競争力の回復ですが、世界にはそのためのエキスパートがゴロゴロ居るのでその助言を待つのが早急かつ効果的だと思います。一方の長期計画、これこそ不得手であってもモンゴル人自身が取り組むべきことでしょう。モンゴルは石炭、カシミヤなどの原料を輸出してエネルギー、日用品などを輸入しています。従ってその差額の付加価値は他国の利益となり、モンゴルの国際収支には重荷となって跳ね返ります(日本は逆。原料を輸入し加工して輸出。その付加価値で国民が生活してきた)。何としてでも国内に2次産業を根付かせ、付加価値の国内保有率を高めねばなりません。そのためにはまず、国内の資本蓄積のために最も苦手な貯蓄の習慣を国民が身につける必要があるようです。技術も資本もない段階から出発した明治期日本の資本形成や、リー・クワン・ユー首相がシンガポールでやり遂げた有名な「給料の天引き貯蓄政策」等が参考になるかもしれません。小生も勉強してみるつもりです。 ではまた。軍曹



          さくらんぼ Kenkenの携わっている「バイラルラ会」(バイラルラとはモンゴル語で『ありがとう』の意味)ってなに?と思われる方は、バイラルラ会HPをのぞいてみてね!→バイラルラ会HP http://bayarlalaa.comこちらをポチっと<(_ _)>
          「バイラルラ会」は、モンゴルの困窮児童の進学を支援し、将来の自立を促す活動をしています。支援の方法や活動内容などの詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください!


          あと『軍曹』とは猪突猛進型の性格のためいつからか呼ばれるようになったKenkenのあだ名ですのでびっくりしないでね!実際は知的好奇心旺盛なジェントルマン(紳士)ですから(笑〜)


          ブログランキングに参加しています!よろしかったら下のボタンをポチっと押して投票お願いします!

          にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

          にほんブログ村 教育ブログへ


          にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへにほんブログ村

          人気ブログランキングへ
           
          JUGEMテーマ:地域/ローカル
          モンゴル通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          モンゴル通信第85信

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル
            草原もう恒例になりましたが、年に1度のモンゴル里帰り。若干異邦人気分が入り込んで残念ですが、住み続けるのと違って社会の変化がより鮮明にわかるような気もします。気温は朝夕10度、昼間は27、8度(本日は30度、こんなことってあり?)。街の並木道は若葉から青葉へと装いを変え、強くなった陽ざしから市民を守っています。カラッとした空気が心地よく、時折の砂埃も強風ゆえにあっという間に通り過ぎてモンゴル人自慢(?)の汚染空気を街から吹き飛ばしています。夜の7時半と言うのにスフバートル広場の空は抜けるように青く、銅像の周りにおかれた数十台の子供用自転車と電気自動車が色とりどりに輝いて、若い両親や子供たちを試乗へと誘っています。

            1、ウランバートル市街の南を流れるセルベ川。その南岸、観光名所ザイサン・トルゴイの周辺地区は新規開発で湧き立っています。今回たまたまこの地区に用事があり、車で回ってみて驚きました。ほんの5、6年前はトルゴイ(丘のこと)下の大きな仏像と農業大学、市民の怨嗟の的となっていた悪名高い少年矯正施設(高い石塀で囲まれている)、それに広大な草地、それ位しかなかった所がなんと巨大かつ高層のアパート群に変身しつつあり、その貪欲な増殖の勢いは北西に向かって押し寄せて、貴重な遺跡ボグド・ハーン宮殿をも呑み込む勢いです。テキサスで歴史的なサン・アントニオ砦を探したら何とビルに挟まれて残っていた、との友人の話を思い出しました。この新開地の新装レストランで食事をしながら外を見ると15階、20階建てのマンションが通りに並び、これモンゴル?との驚き(結婚した孫娘夫婦にご馳走になった、ハッピー!!白人客が多く高そう)。

            2、これに加えてウランバートルではホテルの開業熱がまた凄くなっています。今まで市内のホテルはウランバートル、バイヤンゴル、チンギスハーンの3強を中心に中小ホテルがそれなりに繁栄していましたが、そこに先ずスンジン、ケンピンスキー、ラマダー、次いでベストウエスタンが参入し、目下ヒルトン、シャングリラが建設中です。世界資本がこの業界を席巻しようとするのは今後の外人客の増加を期待した上でのことで、モンゴルに将来性を認めてくれるのは有難いのですが、お陰様で我々の憧れであった名門ツウシンやディプロマットが撤退を余儀なくされ(前者はB.ウエスタンが吸収)、残った中小も生き残りをかけて改装やサービスの向上で対抗せざるをえません。しかし大変なようです。今泊まっているウルグーもその一つで、かっての薄汚れた内外装からそれなりにモダーンな感じのプチホテルになりました。しかしここの売り物はやはりモンゴル人特有の心の暖かさ(融通が利くということ)と、たまに見せる素朴な笑顔です(客室数が少ないので、上手くいってくれればいいが)。モンゴルくんだりまで来て、研ぎ澄まされたとは言え非人間的で慇懃なサービスを期待するのは場違いも甚だしい、これ軍曹の個人的感想です。

            3、市内の状況を見ると、主要な交差点の信号機設置がほぼ終わり、驚いたことに人々がけっこう交通信号を守るようになっていました。なじみの交差点で今まで通り勝手に道を渡ろうとしたら、そんな不心得者は軍曹一人。恥ずかしい!とカミさんに引き止められて危うく転びそう。また他の場所でも高齢者がとぼとぼと通りを横切ったら車の方が速度を緩めたり、止まったりしていました。交差点における権利と生命をかけての人と車のせめぎ合い、あのモンゴルのバイタリティーはどこに行ったのか?そういえばオフィス街の男性はスカッとした背広を着ており、女性の服装もサラッとスリムな夏姿に変わっていました。

            4、要するにモンゴルは近代化のスピードをもう一段とギヤアップ中なのです。牧民はトラックにゲルを積んで移動し、太陽光で電化生活をする。街では高級レストランや洋菓子店が繁盛し、庶民に人気のあった従来のホショールやボウズの店は影が薄くなる。気の合った英国系の老婦人が経営するパン屋を1年ぶりに尋ねたら営業はしているものの人影はなし。軍曹自慢のノキアの携帯(10年前に泥棒市で買った)も、モビコムによるともうシステム的に無理らしい。
            時代が変化すると老兵は消えるか、自らの立ち位置を今の時代の一歩先に定めるか、どちらかにせざるを得ません。軍曹にとってモンゴルは既にユートピアではなく、現代への挑戦の場に変わっていたようで、これが今回の訪問から学んだことでした。無論世の中から置き去りにされるのはまっぴら御免です。

            5、話をわがVCCに切り替えると、今回、我々は園長とともに過去10年間に送り出した学生47名の就学、就職状況をレビューしました。今ここで告白するのをお許しいただけるなら、就学援助を始めた最初の3年間、我々は学生の学業放棄の多さに悩みました(なんと17名中の5名)。極端な例では中学を出て折角職業学校に入った女の子が、何と数週間後に妊娠して登校放棄。あまりのショックに当時の園長と二人、暗い事務所の中で唸っていました(ついでに言うと、たまたま来蒙した園の創立者ロベルト神父に悔しさをぶちまけたら、「こんなことで落ち込むならモンゴルになんか来るな!」と怒られた)。しかしその後の放棄者は激減して、結局期間内の数は10名に留まりました。初期に脱落した子ども達は比較的年齢の高い児童で、高年齢の児童が路上で荷なわされたトラウマはなかなか短期間では払拭できないものです。このことは児童の救済を考える上での重要なポイントでしょう。しかし、いずれにしろ、「継続は力なり」。長期にわたり学生を支えてくださっている皆様の関心と祈りが、若い彼らに大人への堅実なステップを用意してくださいました。学生の一人はドイツ、もう一人は韓国で勉強を継続中、どうなるかと心配していた男子は同じ園児と結婚して特殊機材の運転手、看護師、美容師、配管工、防災メカニック、警官、それに子供を持った若いお母さん達(モンゴルでは年齢に関係なく女性が子供を産むのは祝福の対象、後で知った。)、彼らが今後どのような人生を送るのかは分かりませんが、少なくとも皆様の力が彼らに将来への道を備えたのです。

            6、民主党政権の大学制度改革の目玉はどうもわが国立科学技術大学にあり、社会科学、人文科学を当校から分離する計画が進行中のようです。それとどう関係するのかわかりませんが、論文審査委員会が新たに設置されて、小生のように凍結された学位論文の審査が始まるとの見通しが出てきたと教授が言っていました。何か展開があるかもしれません。
            ではまた、軍曹


            さくらんぼ Kenkenの携わっている「バイラルラ会」(バイラルラとはモンゴル語で『ありがとう』の意味)ってなに?と思われる方は、バイラルラ会HPをのぞいてみてね!→バイラルラ会HP http://bayarlalaa.comこちらをポチっと<(_ _)>
            「バイラルラ会」は、モンゴルの困窮児童の進学を支援し、将来の自立を促す活動をしています。支援の方法や活動内容などの詳細が掲載されていますので、ぜひご覧ください!


            あと『軍曹』とは猪突猛進型の性格のためいつからか呼ばれるようになったKenkenのあだ名ですのでびっくりしないでね!実際は知的好奇心旺盛なジェントルマン(紳士)ですから(笑〜)


            ブログランキングに参加しています!よろしかったら下のボタンをポチっと押して投票お願いします!

            にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ

            にほんブログ村 教育ブログへ


            にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへにほんブログ村

            人気ブログランキングへ
             
            モンゴル通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -